月別アーカイブ: 2014年10月

4年間返済に追われたあげくまた出てきた次の借金

私は以前債務超過に陥り、ついに特定調停。後の4年間は借金返済のために妻と二人で必死に働きました。そしてついに完済。2人で手を取り合って喜びました。
ですが、そんな喜びもつかの間。実は私達の借金はそれで終わりじゃなかったんです。

その夜、私と妻は自宅でちいさなパーティを開きました。借金返済記念パーティです。私は久しぶりに飲んだビールのアルコールも手伝ってか、幸福感でいっぱいでした。
しかし、どうも妻の顔色が冴えません。気になった私が「どうしたの?」の聞くと、彼女はとんでもないことを口にしたのです。

「あのね、実はまだあるのよ、借金」 頭が真っ白になるとはこのことでしょうか、しばらく理解できません。「え、借金?どういうこと?」

私が作った借金は総額でおよそ600万円。そのお金を4年間返し続けたのですが、結局は私達の経済力では追いついていなかったのです。

彼女は食事の材料や身の回りの雑用品のお金に困り次々とショッピングカード(ショッピングローン|家電や時計など購入前に・賢いローン利用法)に手を出していました。5社もあって総額400万円。私の知らない間に自転車操業が行われていた・・・。

正直それが解った時は力が抜けましたね。ですが彼女も遊んでいたわけじゃないので責めることも出来ません。

今度は自己破産も考えましたが、なぜか私も妻も返すことにこだわってしまい、またも特定調停を選びました。もちろん自己破産よりも手続きの費用が安くて決定までに時間がかからないということもありましたけどね。

裁判所の係員が苦笑していました。「またあなたですか」ってね。

唯一助かったのは、妻の借金先がカード会社で大手だったことです。実際、一般の消費者金融よりもやりやすいですよ。相手も事務的に対応してきます。

結局、私の分と合わせて7年かかりました。結婚当初、何も考えないで妻と二人で遊びまわったツケです。

最近こんなことがありました。私がどうしても新しいタイプのスマホが欲しくなって・・「あのさあ、もうカード作れるんじゃないの」と妻に尋ねると「あんたねぇ」と2人で大笑いです。

現在は借金0をもっとうに2人でささやかな人生を歩いています。

 

legoの価格変動が激しすぎる

私がよくネット通販で購入する商品は、legoブロックです。legoと一口にいっても、基本セットからレゴシティ、スターウォーズシリーズ、クリエイターなど様々な種類があります。

おもちゃ屋さんに置いてあるレゴの製品カタログに掲載されている商品であれば、実店舗で入手ができますが、それ以外の商品、たとえば、アーキテクチュアシリーズや16歳以上対象のレゴクリエイターシリーズは、実店舗では扱っていないところが多いのです。そのため、ネットで購入するのが便利です。

しかもネットの場合、一割引~三割引で販売しているお店が多く、実店舗よりも安く購入できることが多いです。オンラインの電気量販店でもレゴを取り扱っているところがあります。

ただ、人気の商品の場合、ネットだとすぐに在庫切れになってしまうことが多く、再入荷のタイミングもまちまちで、その点に関しては改善してほしいところです。

あと、一番頭を悩ますところはamazonの、価格の変動の激しさです。在庫の状況によって、価格が毎日のように変化するのです。たとえば私が昨年の秋に購入した「レゴクリエイターパレスシネマ」という商品は、当時amazonで購入したとき確か14800円ぐらいでしたが、現在は在庫が少ないためなのか、25800円に上昇しています。

逆に、昨年12000円ぐらいで購入した「レゴシティ ポリスステーション」という商品は、今は7900円です。このように、価格が大きく変動するため、この商品が今が買い時なのかそうではないのか、判断がとても難しいのです。

価格を気にしなければ、ほぼどんな商品でも入手できるのサイトなのですが、legoの商品に関して言えば、価格の変動が激しすぎると思うので、その点をどうにかしてほしいと思います。

レゴ以外にネット通販で購入するのは、バッグなどの購入です。ネットだと安く購入できるし、服と違いサイズが合わないなんて事もないですからね。

特に旅行に行くときの必需品、スーツケースはネット購入の方がお得ですね。
あまり使わない物なので、ネットで安いのを買った方がお得です。

私が利用しているところは、即日配達も可能なので急ぎの時でも安心ですよ。

※コチラ:スーツケースが即日発送で買える。旅行や出張に急ぎの時でも安心

このように、最近はネットで何でも買うことが出来るので便利ですよね。

高齢者と若者の格差が不満です

今の日本って、高齢者ばかりがあまりにも優遇されすぎていると思います。年をとっているというだけで、皆が高い年金をもらえるのはおかしいです。
そもそも、今の高齢者は日本がイケイケの高度成長時代に働いていたから給料は右肩上がりで定年まで勤めあげて、金利も高かったから相当貯金があるはずです。それでいて年金までもらえるって、かなり恵まれすぎではないでしょうか?
それに比べて、今の若い人はなかなか正社員になれないし、なれたとしても安い給料でこきつかわれて、会社も日本の将来も不安だし正社員で定年退職できる人なんてごくわずかではないでしょうか?生活するだけで精一杯で、貯金する余裕はないし、貯金できてもほぼゼロ金利で増やすことはほぼ不可能です。
国はとにかく税金をとることしか考えていないから、若い人は働けば働くほどどんどん税金を搾取されてくたびれ損だと思います。そうやって納めた税金が、自分たちや自分の子ども達のためにはほとんど使われず、年金や高齢者医療にばかり使われるので、本当に納めがいがないと思います。
世の中のサービスも高齢者に優しいものばかりです。シルバー何とかというサービスが沢山あふれて、旅行するのも映画を見るのも食事をするのも割引がきくところが多いです。
一方で、若い人はそんなサービスはないし、何でも定価で払わなければいけないのですごく不公平です。これからの社会を担っていく学生も学生として生活していくのにお金がなくて学生融資を受けている人も多いようなのです。※参照・・・学生融資※学生でもお金を借りれるカードローンはあります。
ある程度お金のある高齢者は年金を辞退するとか、割引サービスは適用しないとか、そういう仕組みがあればいいと思います。高齢者以上に生活資金を必要としている若者は沢山います。
新聞の投書欄など見ると、年金の減額に不満をとなえる高齢者が多いのに驚きます。自分がいかに恵まれた世代なのか、下の世代がどれほど不公平感を感じているかわからないのでしょうか?
一部の世代が過剰に優遇されるのは絶対反対です。